【アル中】毎日大量のビールを飲み続けた結果...35歳で老婆のような姿に...

【アル中】毎日大量のビールを飲み続けた結果…35歳で老婆のような姿に…

1月13日に、英タブロイド「Daily Mail」が報じた記事によると、15歳を含む4人の子どもの母である35歳の女性、ビバリー・ピッコラーさんが、長年の深酒が原因で 若くして死に直面し、現在老人ホームで介護を受けているという。

彼女がアルコールに依存し始めたのは20代前半とみられており、それから10年以上、午前中には、パブを訪問し、日に40缶以上のビールやボトルを飲む生活を続けたという。

 

当然、ピッコラーさんは肝障害を引き起こし、肌は黄色くなり、やせ細り、歯は腐ってしまった。彼女がアルコール中毒になる前の写真を見ると、肌が白く、ふっくらとした体型だったが今は見る影もない。 老人ホームで介護を受けているというが、彼女の見た目はまるで老人のようである。

ネット上では、「40缶てどんくらいの量や」「アルコールの多飲はあかんな」「毎日40缶とかアルコール入ってなくてもヤバイやろ」「おっそろしいわ」などのコメントが寄せられている。

画像引用:Daily Mail

若い時の写真

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。