misono、夫の手術後『1分で病室出た、金銭面も限界』と心境明かすも「発信しちゃいけない文章」と非難の声

歌手のmisonoが18日、自身のブログを更新。精巣がんで闘病している夫でドラマーのNosukeの手術後の姿について「変わり果てた姿が、衝撃的すぎて…」とつづった。

この日、misonoは複数の仕事を終え病院へ。深夜0時前に病院側から「麻酔が切れたら少しだけ会えます」と告げられ、「集中治療室で会えたのは、夜中の1時くらいだったかと?!」と明かした。続けて、misonoは「Nosukeの『さらに変わり果てた姿』が、衝撃的すぎて…1分くらいで、出ました。何も出来ないし、見てられなかったし…」とショックを受けた様子。

医師の説明については、家族全員で聞いたそうで、「取ったモノを見たのですが…寝不足、疲労、体調不良は、ピークだったし。精神的にも体力的にもスケジュール的にも金銭面も、全てにおいて限界だったし…『無理矢理、前向きにとらえてきたけど…もうポジティブになれなくても、仕方ないよね?もう笑わなくて良いよね?もう頑張らなくて良いよね?』」と心境をつづった。

この投稿にネット上では、「奥さんに金銭面が…ってこんなに言われたら嫌になっちゃうと思うけど…」「気持ちはわかるけど今は発信しちゃいけない文章」「misonoはいつも 自分の事ばかりな気がする。」「目覚めてこの記事見たとき、生きる希望も、失いかねないと思います」「死んだ方が私は楽って感じしかしない…」「てか、手術の日に仕事入れるなよ」などとmisonoの文面にショックを受けるネットユーザーが多いかった。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。