Koki、シャネルでランウェイデビューも海外の反応が厳しすぎる…「モデルとして準備できてない」

3日、パリで開催された『シャネル』2019-20年 クルーズ コレクションに、モデルのKokiがランウェイデビューした。

今年に入ってパリのモデル事務所に所属したKokiは、1月末にパリ、カンボン通りにある「シャネル」のスタジオにて単身オーディションに挑んだ。

 

その後、2カ月以上連絡がなかったものの、4月中旬、ついに次回のショーでのブッキングとの連絡が入ったそう。自らの手で夢への切符を手に入れ、世界中のジャーナリストや顧客の視線を一身に集めるなか、ホワイトのツイードジャケットとスカートをまとって登場。並み居るトップモデルに交じって自信に満ちた表情でウォーキングを披露した。引用:ELLE

しかし、シャネルの公式インスタグラムにはKokiは掲載されていない…。
他のモデルに比べ1人だけ背が低く、ぎこちないランウェイ姿に海外からは、「 何歳なの?まだ12歳って感じで成長過程だね」「モデルとして準備できてないのに、強引に仕事をねじ込む両親が悪い」「子供っぽい。ごめん笑っちゃった。」などと厳しい意見が飛び交っている。

 

3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    しかもこの写真のコーキさんは、5センチくらいのヒールを履いています。
    左のモデルさんはフラットシューズ。

  2. なみ より:

    島袋せいな、のほうが、いいね笑

  3. より:

    しかも修正され、CHANELもお金に弱かったのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。