2024年パリ五輪、野球落選で”テレビゲーム”採用へ「世界は野球に興味ない 」「日本は出られるの?」

野球競技を次回のパリ五輪に継続できない理由は、世界的に見て、競技者人口と観戦者人口が増えていないからだ。 そんな悲観的な実情に追い打ちを掛けるような情報も飛び込んできた。パリ五輪は「eスポーツ」を正式種目として新たに採用する方向で、すでに動き始めているのだ。

 

「eスポーツ」とは、エレクトロニック・スポーツの略称で、手っ取り早く言えば、テレビゲームのこと。
日本はゲーム大国だが、欧米ではオンライン対戦ゲームがさらに普及していて、世界大会が何度も開催されている。 しかも、優勝賞金1,120万ドル(約13億円)なんて大会もあり、プロとして活動しているゲーマーもいる。

「eスポーツは世界規模でネット観戦されており、一昨年時点で3億3500万人がカウントされました。 競技者人口は1億人を超え、市場規模としては6億5500万ドル(約740億円)以上です」(国内ゲームソフト会社プログラマー)
一部引用:excite.co.jp

この方向性に国内からは、「世界は野球に興味ない」「マイナースポーツを世界の祭典でやる必要がない」「日本は出られるの? 」「採用ゲームを巡ってでかい金が動く」「eスポーツ会場なら野球場作るよりコストもかからない」「eスポの方が人口多いじゃん当然や」などと納得の声が相次いでいる。

画像引用:https://www.jbklutse.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。