山中美智子のパクリ騒動、ワタベウェディングにクレームも「もっと品のある人を使って」の声

 

14日、アリシアスタンの2018年春夏コレクション予約受注会が大阪にて行われた。

デザイナーの山中美智子は大阪へ向かう新幹線内で、来場するファンに向けて”手書きメッセージ150枚”を作成したとインスタグラムで報告。

 

どうやらこういった対応は初の試みだそうで、最近のネガティブイメージ脱却から顧客を大事にしていこうという気持ちの表れなのだろうか。しかしインスタグラムのストーリーにはその様子をしっかり収めており、あざとい感が否めない。

山中といえばデザイン盗用疑惑騒動が未だ収まりを見せないが、相変わらずその話題に触れることはない。この対応が消費者の癇に障ったようで、山中と接点がある企業にまでクレームが寄せられるなど被害が拡散している模様。

山中と山中の夫でモデルの北岡伸多朗がウェディングスタイルをプロデュースしている”ワタベウェディング”には、「イメージが悪い」「もっと品のある人を使って」「ガッカリ」「信頼度がない」とクレームが寄せられているという。

底が見えない山中のイメージダウン、今後の対応が注目される。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。