高須克弥、元おニャン子をバッサリ『美奈代、焦りや死に物狂い』『静香、シワっぽく劣化』ネットの反応は?

高須クリニックの高須克弥院長が『週刊女性PRIME』の取材で、元おニャン子クラブの工藤静香、渡辺満里奈、渡辺美奈代ら3人の現在の容姿についてコメントしたことについて、ネット上で反響を呼んでいる。

――3人ともおニャン子クラブでは一、二を争う人気でしたが、アラフィフになった現在と昔の顔を比べると、いかがでしょうか?

高須「きれいかどうかというより、一番“現役感”があるのは美奈代さんだね。工藤さんと満里奈さんは年相応に老けたかな」

――では、一番美しく年を重ねているのは美奈代さんということでしょうか?

高須「それが違うんだよね。工藤さんはシワっぽくなって劣化したけど、生活のメインは芸能界じゃなく、夫と子どもだろうから、人生のプライオリティが他のタレントさんと違う。満里奈さんも夫は稼ぎがあり、本人が焦ってタレント活動しなくてもいいから余裕がある。となると、美奈代さんの現役感は“焦り”や“死に物狂い”って感じで、なんとなく痛々しい。だって目は笑ってないのに口だけ笑ってる、これじゃあ作り笑顔だもの。でも、笑顔が効いたのか、いつも口角が上がっていてたるみ防止になっているね!」

ネット上では、「いいぞ高須先生」「失礼すぎる分析だけど、説得力ある。」「辛口で笑った」などのコメントが寄せられた。

引用:http://www.jprime.jp/articles/-/13643

あわせて読みたい

メールアドレスが公開されることはありません。