菅谷哲也の強制わいせつ疑惑、相手女性は誰?元グラドルの松川佑依子と噂【テラスハウス】

フジテレビの人気恋愛リアリティ番組「テラスハウス」の出演者、てっちゃんこと菅谷哲也が強制わいせつ事件を起こし、示談が成立していたことがわかった。

26日に報じられた「週刊文春デジタル」によると、菅谷は2014年12月、同番組の映画『テラスハウス クロージングドア』の撮影期間中に共演女性(現在は芸能界を引退している)が寝ている部屋に侵入。「ベッドに入り込み、キスを迫った。キスの後で男女の関係を求めてきた菅谷に対し(女性は)菅谷の頭を抱え、なだめることでその場を収めたという」と報じている。両者で示談も成立したとしている。

記事内容について菅谷は所属事務所を通じ、「今回の報道は、全く事実ではない内容であり、私自身、非常に困惑しております」と事実無根であることを強調。所属事務所は「事実無根の内容の記事に対して、法的手続きの準備をしております」と説明した。

一方、被害者とされる一般人の女性の代理人もこの日、「本人から事情を確認したところ、記事の内容は明らかに事実無根であることを確認いたしました」と説明。「文春オンラインに対する刑事及び民事上の法的手続きを検討しております」とした。

この報道で、被害者の相手女性と噂されているのは、元グラドルの松川佑依子。

松川は2015年11月発売の「週刊プレイボーイ」を最後に芸能界を引退。 翌月6日に更新した自身のブログで、引退する理由について、「ちょっと暗いのだけど(笑)酷いことされて実家に帰って家から出れなくなった時期があったのね。会社も行けなくて。去年の今頃かな。でも撮影しなきゃみんなに迷惑かかるから行かなきゃって思って。夜はベッドが怖くて車で寝たりしてた。そんなことしてたら心がおかしくなってきて、この人たちと関わる場所にいたくないって思って。できるとこまでやったらちょっと休憩しようって思って」などと辛い出来事を明かしており、ネット上ではテラスハウス撮影時のことではと噂されていた。

この報道にテラハファンからは、「台本通りだと思ってた」「芸能界って闇深い」「テラハはやっぱやらせ」「収録する日付決まってるとか言って良いのか?」などのコメントが寄せられている。

あわせて読みたい

メールアドレスが公開されることはありません。