早見優、深夜に「次女と映画館 」条例違反で入館お断り「親が夜に子供連れ回すな」の声

タレントの早見優が6日、「次女と映画館 入館お断り」と題しブログを更新。条例に違反し入館を断られたことを綴った。

娘と映画鑑賞の予定を立てていた早見は、「楽しみ〜と、気分浮かれて、いざ映画館へ!ポップコーンも購入」と浮かれモードだったようだが、シアターに入る直前「お嬢さん、おいくつですか?」と止められ、「18歳未満ですと、東京都青少年の健全な育成に関する条例により、入館お断りしています」と注意を受けたという。

想定外の出来事に早見は、「映画が夜の11時過ぎに終わるため、保護者がいても、入館ができないのです!残念!」と悔しがった。

しかし、「このような条例のおかげで、青少年を保護できるのですね。有難いことです。ポップコーンを家に持ち帰り、これから、お家で、映画観劇します。」と綴り、ブログを締めくくった。

この投稿にネットユーザーからは、「親が夜に子供連れ回すなってことだろ」「親権者って確認するの難しいからな」「全国でそうなってるのに 何をいまさら」「まぁふつうじゃね?」「まずそんな時間まで子供を連れ回すのは虐待」「普通に考えて終了23時だなんて子供連れて行かないでしょ」と大バッシングを受けている。

また、「自分が芸能人だからってクレームをわざわざブログに書く陰湿さ」「母親がね… 線路で写真撮るような人だから」「文句を言ったらまた炎上するぞ」などの声も寄せられた。

画像引用:Google画像検索

あわせて読みたい

メールアドレスが公開されることはありません。