【現実】広瀬すず、紅白で乃木坂・白石麻衣を公開処刑していた!「顔の大きさ全然違う…」の声も

昨年12月31日(日)に生放送された「第69回NHK紅白歌合戦」において、紅組司会の広瀬すずがアイドルグループ乃木坂46のエース・白石麻衣を公開処刑していたとネット上で話題になっている。

問題のシーンとなったのは、新世代アイコンと称されるシンガーソングライターのあいみょんが「マリーゴールド」を歌唱した際。乃木坂46の白石麻衣、生田絵梨花、松村沙友理が応援ゲストとして登場し、司会の広瀬の手前で合いの手を入れていた。

 

するとネット上では、広瀬と白石の容姿を比較し「アイドルは女優に勝てない」「顔の大きさ全然違ったな」「顔の大きさ広瀬すずの2倍だな」「主演女優が出来る人と、脇役女優しか出来ない人の差」「将来性が違いすぎる」などと厳しいツッコミが殺到してしまった。

画像引用:NHK

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。