山口真帆、有料会員向けメールで語った本音…「弁護士雇って欲しい 」「告訴すべき」の声

昨年末、ファンの男性2人から暴行される被害を受けたNGT48の山口真帆が20日、有料会員向けメールで、ファンに向けて意味深なメッセージを送っていたことが分かった。

翌日の21日にNGT48劇場での千秋楽公演を控えていた山口は、有料会員向けメールで「いやだ」「明日が来て欲しくないな」と発していたようで、ファンからは「辞めさせられるの?」「脅されてるのか?」「楽しい公演じゃなくて緊張感あふれる公演になるな」などと心配されていた。

 

そして翌日の千秋楽公演。山口はグループの卒業を発表した。
理由として山口は、「事件のことを発信した際、社長には『不起訴になったイコール事件じゃないってことだ』って言われ、そして今は、『会社を攻撃する加害者だ』と言われていますが、ただ、仲間を守りたい健全なアイドル活動できる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには、私がアイドルをできる場所でなくなってしました。 (一部抜粋)」としている。

一連の騒動にファンからは「真実を明らかにする為に告訴すべき」「腐った会社だな」「相手が巨悪すぎた」「募金募ってくれないかな 弁護士雇って欲しい 」などと怒りの声が殺到している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。