堀ちえみ『後で笑い話になる時がくる』に癌患者から疑問の声「再発するって不安は?」「不快感極まりない」

ステージ4の舌癌の手術を受け、都内の病院に入院中のタレント・堀ちえみが25日、自身のブログを更新。

この日の前日、「デザートは、主人とタリーズまで行き、テイクアウトして来ました。」とチーズケーキとホットコーヒーの写真をアップした堀。「夫婦でゆっくりとした時間を、病室で過ごせるのもあと少し。」とどこか入院生活を名残惜しそうに綴っていた。

 

続けて、癌を医師から告げられた時に夫から「後で笑い話になる時が必ず来るから」「だから頑張ろう」と励まされた言葉を思い出し、「そんな時が近づいている気がします。」と堀。

しかしながら「リハビリも頑張らないといけませんから、笑ってばかりはいられませんが…ご飯は普通食を、食べられる様になりましたが、言語の方はまだまだです。」と日常生活に支障はないものの、芸能の仕事上「こういう仕事なので、特にたくさんの努力を積んでいきたいです。」とリハビリへの意欲を示した。

しかし、この堀の投稿にネット上では、「笑えることかな?ステージ4の妻に言えるか?」「あの時は笑い話だよねなんて言ってる人聞いたことない」「常に再発するって不安があるのに笑い話にできるか」「癌患者として不快感極まりないです。」「本当に癌なのかな〜なんか不自然すぎる」との指摘が。

また、「ホットコーヒー縫い跡にしみそう」「知り合いの耳鼻科医が放射線治療は、なぜしないのか?と言ってた」「舌の半分以上切除して、もう普通食?」「なんで病院食をUPしないんだろう?できない?」などといった疑問の声も寄せられている。

画像引用:アメブロ

 

11件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    癌はすべて取り切れた!とドヤってるけどステージ4を宣告されたなら転移とか予後とか楽観できないこと説明されなかったの??なんで勝利宣言してるの?変な病院と患者だね。わけがわからない

  2. 匿名 より:

    ビジネス癌

  3. 匿名 より:

    笑い話というよりこの人笑い者になってますよ 笑

  4. 人の気持ちに寄り添う より:

    病気になった事は後で笑い話になるよ。夫婦2人共自意識過剰なのでしょうね。
    人の痛みがわからないのでしょう。
    自意識過剰だから、自分が他人に信頼されていないと言う事も気づけないような人なのかも知れませんね。
    人を思いやる気持ち、人を敬う気持ち、人に寄り添う気持ちが欠如されているように思います。

    退院後も、命と心の勉強は続けて行って欲しいです。

  5. 匿名 より:

    乳癌患者です
    5年前に手術、放射線、抗癌剤治療をして
    現在は経過観察中です
    この5年間一度たりとも乳癌が笑い話になるなんて思ったことはありません
    当時まだ小学生と中学生だった子供達の為抗癌剤で毛髪を失い体調不良の中、必死に生きてきました

    例え堀さん夫婦の間で「笑い話」との会話があったとしてもオフィシャルブログで
    公言することではありません
    営利目的としか思えない違和感だらけの
    ブログ
    正直同病者はとても不快です

  6. 匿名 より:

    東大病院って天皇陛下が手術された病院よね。
    堀のブログ見たらいい加減な医師のいる病院なんだね。

  7. 匿名 より:

    もしカメラが入ってて詳細はストップがかかってるならオンエアまで
    ブログやめたらどうよ。それと、笑い話になるってとんでもない。
    何言ってんの、SANKYO執行役員の尼子さん。

  8. 匿名 より:

    旦那の発言に驚きました。癌を患うことは、後で笑い話になる事柄なのか
    恐ろしい病だと、自覚するべきです。
    私の夫は、三度再発して亡くなりました。

  9. 匿名 より:

    34歳で、腎臓癌になり片方摘出手術しました。
    1年に2回は、大学病院で再発と転移がないか診ていただいています。
    13年がたっても、笑い話になんてなりません。
    この人、能天気だから思った事を直ぐに発信して嫌いです。
    癌を、あまくみるなよ。

  10. かめ より:

    癌を公表した時、舌を失った時の大変さとか特集されたりしたのに、ほぼ1ヶ月で普通食だし、味覚もある。癌を取っただけで治療はお終い。死ぬ前に同期のみんなに会いたい?茶番劇に巻き込まれた優ちゃん可哀想。中居くん、ブログ読んでくれてないかな!

  11. 匿名 より:

    笑い話になる?闘病してるひとに失礼極まりない発言。この旦那もやっぱりマトモじゃないね。しっかし連日食い物の写真ばっかり。タリーズのケーキの写真のどこが闘病生活の参考になるの?最初からやる気なんかなかったんでしょ???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。