堀ちえみ、同期からのお見舞い品公開も「芸能人の感覚って…」「お祝いみたい」と非難の声

舌癌闘病中のタレントの堀ちえみが3日、自身のブログを更新。先日、歌手の中居正広からのお見舞い品に引き続き、同期からのお見舞い品を公開した。

この日、「飲み物を飲む事や、食べ物を食べられるようになるのは、まだまだ先です。」と経過について明かした堀。食事をとるには、「飲み込みのリハビリを、しなければなりません。焦らずゆっくり、頑張っていきたいと思います。」と報告。また、決意を見せた。

 

続けて、「あ!」と思い出したように切り出し、「同期の松本伊代ちゃんと、早見優ちゃんが、送ってくれました。」とカラフルなバルーンを公開。

「いつもありがとう。入院中もラインなどで、『どう?』って気に掛けてくれています。優しいな、温かいなぁって。」と同期の気遣いに感激した様子で、「同期が集まっての同窓会。元気になるまで、待っててね。」と同期会を心待ちにしているようだった。

しかし、この投稿にネット上では「バルーンは祝いだよ普通の感覚なら同期も頭おかしいね」「芸能人の感覚ってこんなもの?」「お見舞いってより、お祝いみたいよね。」などの指摘が多数寄せられた。一応、バルーンの1つには『get well soon(お大事に・よくなってね)』とのプリントがされており、お見舞い用の商品のようだが、違和感を感じた人も多かった。

一方で、「いちいちブログ発信されたら送った方もたまったもんじゃない」「頂いた見舞い品を『あ!』と付け足しにする件。」「同窓会同窓会ってしつこい!金スマでも優ちゃんの表情乗り気じゃなかったじゃんw」などと、何でもかんでも事細かくブログで報告してしまう堀の対応に疑問の声も多かった。

画像引用:アメブロ

 

8件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    こいつバカお前の病気なんかどうでもいい

  2. 匿名 より:

    この人のブログ読んでると癌になったのに
    なんだか はしゃいでるように感じるのは
    私だけかな…

    • 匿名 より:

      堀ちえみ自身は「私自身の人生がいつ終わりが来ても
      悔いは全く無い。
      ただ、私の娘が『死ぬのは嫌!』と泣いてばかりいた
      姿を見て、入院して大手術を決意した」と公言してましたな。
      堀ちえみがいつ死ぬかなんてのは全くどうでも良い。
      ただ、残された娘さんを始めとする子供達可哀想過ぎる。

  3. 匿名 より:

    なんで いちいちお見舞い品をブログで公開するかな!
    やっぱ 自分の癌さえテレビ局に売り込むようなやつはデリカシーが無い…
    いい歳して最低な女だと思うわ(´ー`)

  4. 匿名 より:

    同期揃って馬鹿ばっかw

  5. 匿名 より:

    つまり…82年デビュー組って常識の無い人が多いってことなんじゃない?(笑)

  6. 匿名 より:

    今まで相手にされていなかったから、空気清浄機やバルーンを嬉しくてブログ発信してしまう人なんですよ。
    入院中にブログアップするほど、世間の印象は悪くなっていくだけ。
    静かに、闘病できないのかしら。
    哀れな、人。

  7. 匿名 より:

    同期代表みたいになってる伊代も優も京都での線路侵入事件起こしたりするから類は友を呼ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。