堀ちえみ、「一般人以下の感想」映画鑑賞を報告するも感想が薄っぺらいと批判殺到

タレントの堀ちえみが3日、「家族3人で」と題しブログを更新。家族で映画鑑賞に出かけたことを報告した。

中華料理店でランチを済ませた堀と家族は、「娘彩月と3人で、前から観たいと思っていた、映画を鑑賞してきました。北海道バター醤油ポップコーン、チュリトスとアイスティーを買って3人で万引き家族を観ました。」と報告。

堀は続けて映画を観た感想について「あるシーンで、私と娘泣きました   じわじわ涙が出て。出演者皆さんの、リアリティーのある演技。是枝監督の今回の作品も、やっぱり凄いなと思いました。」と綴った。

この投稿にネット上では、「ご飯食べた後にポップコーンやチュリトスなんかよく食べれるわ」「あんなの食べながらよく映画観られるよね、子供じゃあるまいし」「ポップコーン食べながら見るような内容の映画なんですか? いつも何かしら食べておられるね」と堀の食欲の旺盛さに驚いている読者が多いよう。

また、堀の映画感想文について、「泣きました。一般人以下の感想だ。」「監督の批評してるw何様w」「映画観る時は、いつもまず食い物の紹介からですね。そして薄っぺらな感想!」「話題の映画の感想がたったあれだけ? 食べる事に夢中過ぎて内容なんか覚えてないんじゃない?」と厳しいコメントも飛び交っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。