リルーム、新作カウチンの英語表記が物議を醸す【北岡伸多朗】

アパレルブランド「リルーム」で発売予定のカウチンセーターのプリント英語表記が波紋を呼んでいる。

アメリカ西海岸をイメージしたブランドコンセプトのリルームは、カルフォルニアを略したであろう「calif」をプリントした新作セーターをインスタグラムで紹介した。しかしネット上ではこの英語表記について物議を醸している。

カルフォルニアの略は一般的に「CA」「Cal」「Calif.」等が挙げられるが、リルームのプリントでは「Calif」と表記されており、最後の「.」が抜けている。この「.」が抜けると海外ではかなり意味が変わってしまうようで、イスラム教の最高権威者、またムハンマドの後継者を意味するようだ。

ネット上では、「califからスタートするなんて結構チャレンジャー!!」「イスラム教徒の外人が見たりしたらどう思うんだろ。」「普通商品化する前にググるでしょうが。これだからパクリ体質はツメが甘い」などのコメントが寄せられている。

 

 

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. みみ より:

    こちら…

メールアドレスが公開されることはありません。