ユーチューバーusagi、常備菜の作り置きは5日間日持ちする?保存期間に批判殺到

OLとして平日は会社勤めをしている料理系ユーチューバーusagi(うさぎ)が3日、自身のYouTubeチャンネルを更新。人気シリーズのお弁当用作り置きレシピの動画を公開した。

『自炊派』とし、手作りお弁当を毎日会社に持参しているusagiは、今回の動画でも5日間分の作り置きおかずの料理風景を公開している。

「自炊派の週末『作り置き』作り過ぎたかな?」と題し公開された動画では、「サラダスパゲティ」「ブロッコリーの芯のきんぴら」「白滝とちくわと野菜の煮物」「ピーマンの卵炒め」「ナスのおひたし」「トマトのベーコン巻き」などと、ヘルシーでお弁当映えしそうな9品の作り置きを披露した。

 

しかし、この投稿にネット上では「日にちが経ったら食べられなさそう…」「作り置きってせいぜい2日か3日までですよね?」などと保存期間を心配する声が多く寄せられた。

東京ガスくらし情報サイトによると、常備菜の作り置きは冷蔵庫での保存期間は2〜3日(3日以上持たせたい場合にはできれば冷凍)。冷凍での保存期間は2週間程度が目安としている。

usagiの場合、動画内容を推奨してるわけではないため問題ないのだが、以前、週末までに消費しきれなかった作り置き(を詰めた弁当)を会社の同僚におすそ分けするなどの動画も公開していたため、視聴者からは心配の声が絶えない。

画像引用:YouTube

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。