ストロベリーナイト、なぜ主演が二階堂ふみに?オファーを蹴った人気若手女優がこちら…

女優の二階堂ふみと、ジャニーズ事務所の人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也がW主演する「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系)が11日に放送開始となり、初回の平均視聴率が7.8%だったことがわかった。

同作は元々、女優の竹内結子の主演で2010年からドラマ化されて高視聴率を記録。それを受け、13年の映画版は興行収入21・5億円のヒットを記録。 12年以来となる同作連ドラの主演は竹内が務めると思われていたが、 竹内は周囲に「私の中では終わった作品」と漏らしていたのだとか。

 

そのため、同局は女優の榮倉奈々にオファーしたものの、榮倉は「竹内のイメージが強すぎる」としてオファーを断り、制作陣に旧知のスタッフがいた二階堂がその座をゲットしたという。

初回から低視聴率スタートとなってしまった同作品。榮倉の読みは正しかったのか、ネット上では「二階堂さんは顔がコメディ」「いかんせんちんちくりん」「二階堂も大概だが、榮倉は全く姫川じゃないな」「刑事モノのパロディドラマ」などと不評を買っている。

画像引用:フジテレビ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。