【炎上】木下ゆうか、失言で”登録解除祭り”に「明太子は韓国料理」「韓国好きの皮を被ってるだけ」

大食いユーチューバー・木下ゆうかが3日に投稿した動画について、韓国人から猛バッシングを受けている。料理・大食い動画では、韓国食材を積極的に取り入れるなど、韓国人から人気が高かった木下。しかしこの日の動画では、お粥にトッピングした辛子明太子を『和の食材…』などと発言したことについて、批判が殺到している。

動画内で木下は、”明太クリームチーズバター粥”を作る様子や大食いしている様子を公開。しかし、クリーム粥と明太子の絶妙な味の組み合わせに感動した木下が「明太子ってほんとぉ、和の食材なのに洋風料理にも合いますよね」などと発言した件についてコメント欄が炎上。

 

韓国視聴者からは、「明太子は韓国料理です」「日本語で明太子は韓国起源という字幕入れて」「韓国好きの皮を被った愛国者」「日本の食べ物ではなく韓国の食べ物です。」などと批判が殺到しており、韓国視聴者による木下のチャンネル登録解除祭りが行われるなど、韓国内での高感度を一気に下げてしまったようだ。

明太子の起源は朝鮮半島とされており、1800年代に唐辛子とスケトウダラの卵巣を一緒に塩漬けして食べるようになったのが始まりとされている。

その後、1900年代に日本人の樋口伊都羽が明太子を日本で販売開始。そして1949年、老舗明太子メーカー「ふくや」創業者の川原俊夫が『漬け込み型辛子明太子』とよばれる明太子を新たに開発・販売。博多名物「辛子明太子」の誕生となった。

木下といえば昨年、猫を放り投げる姿や掃除機で猫を脅す姿を生配信で晒し、国内の2018年嫌われユーチューバー1位に輝いた。それ以前にもクリスマス動画でスパニッシュオムレツを手作りするもスペイン人から『これはスパニッシュオムレツじゃない!』などと批判が殺到したり、魚介系人気ユーチューバーとコラボした際には視聴者に対しての愚痴をこぼすなど、ガサツな言動が目立つユーチューバーだ。

【炎上】木下ゆうか、生配信中に飼い猫を投げ捨る&掃除機を押しつける姿を晒す(動画)

画像引用:youtube

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。