【激やせ】彦摩呂、約35キロ減のダイエット成功!!『漢方を飲み、糖質を控えるように』

グルメタレントの彦摩呂と、モーニング娘。OGの田中れいなが出演する舞台「信長の野望・大志 -夢幻-~本能寺の変~」(5月18日[土]より上演)の製作発表会が4月15日、都内にて行われた。会見には2人の他、俳優の鶏冠井孝介、谷佳樹、脚本・演出の久保田唱が登壇し、シリーズ第3作目となる今作への意気込みを語った。

 

■ 彦摩呂、恒例のダイエット成果の報告
本舞台の会見では彦摩呂の衣装の胴回りが話題になるのが恒例で、今回も「マジックテープの位置がまた短くなったんです」とアピール。最近では8日放送の「芸能人余命宣告!史上最悪の結果も絶対改善するぞSP」(TBS系)で“余命3年”と診断されたことがニュースになったが、ダイエットは順調のようで、「あと少しで90キロ代。遺作にならないように、生きて生きて生き抜きます」と笑いを誘った。

マックス時は135キロまで太っていたという彦摩呂。「そこで“デブの壁”を見て、引き返すことを決意したんです。今までリバウンドの歴史だったので、1年半かけて、少しずつ少しずつ落としてきました。漢方を飲み、ジムでアクアウオークをして。代謝を上げて、糖質を控えるように」と振り返り、大事なのは糖質制限だと熱弁。

「ご飯1杯を我慢したら、焼き鳥の塩(タレは糖分があるのでNGとのこと)は180本食べていいんですよ。(重要なのは)糖質なんです。カロリーダイエットの時代じゃないんです。カロリーゼロのハイボールと焼き鳥で相当食べられます。“食べられない”とか“我慢する”とかがない、幸せなダイエットなんです」という彦摩呂に、共演者たちも驚きの声を上げていた。
引用:ザテレビジョン


画像引用:ザテレビジョン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。