【流出】哀川翔、暴力団幹部との2ショット画像が流出「闇を感じる」の声

1月31日、哀川翔(57)は、本誌の直撃に困惑した表情でこう答えた。
「この写真は確かに俺だよね。何かのイベントじゃない? 2018年の鹿児島のイベントではないかな。俺はゲストで呼ばれて挨拶したんだ。そのときの楽屋かな。ただ、横に写っているこの人とは全然面識がないです。ファンの人かな」

哀川といえば、1984年に「一世風靡セピア」のメンバーとしてデビュー。かつては「Vシネマの帝王」ともいわれた。現在はNHK大河ドラマにも出演する大物俳優だ。また、釣りや昆虫にも詳しく、その愛されるキャラクターでバラエティ番組もこなす。

 

本誌が提示した写真では、哀川がある男性と一緒に納まっていた。そして哀川が言うとおり、楽屋のような場所で撮られていた。この男性が一般のファンなら、ただの記念写真だが、じつはそうではない。

この男性を知る人物が、素性を明かした。
「彼は現役の暴力団幹部です。神戸山口組系山健組傘下の団体の組長。この世界に20年以上いる人物で、以前は別の組織にいたこともありました。背中から足にかけて刺青が入っています。彼は『数年前に哀川さん主催のゴルフコンペにも参加したことがあった。哀川さんとは親しい間柄で、一緒にご飯を食べることもある』と周囲に話していますよ」(現役ヤクザ幹部)

哀川と写真に写っていた現役ヤクザ幹部が、哀川と親密な関係にあるかどうかは定かではない。しかしじつはこの幹部は、ほかにも複数の芸能人との写真を撮っていた。

ある暴力団関係者が語る。
「現役の組関係者が、芸能人やスポーツ選手と写真を撮って、自分の携帯の待ち受け画面などにしたりするケースは確かにある。政治家のパーティに呼ばれることだってあり、2ショットの写真を撮れば、自分を誇示できる」
引用:週刊flash

この報道にネット上では、「ただのファンを楽屋まで入れないだろ」「芸能人なんてそんなんばっかやろ」「別に驚きもしない」「Vシネはしゃーないってw」「無い方が不自然」「警察幹部と写真を撮るほうが闇を感じる」「言っちゃ悪いけど見た目でそう思われても仕方ないと思う」などのコメントが寄せられている。

画像引用:flash

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。