【復帰】小林麻耶、新事務所で芸能活動再開を報告も「出たがり目立ちたがり」「前の事務所を辞めたかっただけ?」と大炎上

元TBSアナウンサーの小林麻耶(39)が10日、自身のブログを更新。タレントの優木まおみ(39)らが在籍する「生島企画室」に所属することを報告した。

小林は「この度、生島企画室に所属する運びとなりました」と報告し「事務所に所属し仕事をしたいと思いながらお茶をしていた時、偶然目の前を通られたのが 生島ヒロシさんでした」伝えた。

 

「生島ヒロシさんの著書『どん底に落ちてもはい上がる37のストーリー』p122では、悲しみを忘れたことはないし、悲しみが癒えることはきっとない。でも、残された僕たちは、突然人生の幕を下ろされてしまった彼らの命も背負って、全力で生きていく。と、書かれてありました」と紹介。

最後は「生島企画室で仕事再開出来ること感謝致します。TBSアナウンサーからフリーアナウンサーという経歴にもご縁を感じています」とつづり 「今までお世話になりましたセント・フォースさんに心から感謝しています」と結んだ。

この発表にネット上では、「引退したんじゃないのか?」「軽々しく引退って言葉を口にするなよ」「もう戻って来たんか」「旦那の稼ぎじゃ食えんかったんか?」「結局、出たがり目立ちたがり」「前の事務所を辞めたかったから引退って言ったんだな」などと物議を醸している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。