【在日3世】新井浩文、韓国の取材に答えていた衝撃内容がこちら…「強制送還で」「愛国心w」の声

俳優の新井浩文(本名・朴慶培)が2月1日、派遣エステの30代女性への強制性交容疑で警視庁に逮捕された。新井は昨年7月に自宅に出張エステを呼び、強引に性行為に及んだとされ、取り調べに対し罪状を大筋認めているという。そうした中で多くの大手メディアでは韓国籍の新井の本名を報じるなど波紋が広がっている。

 

本来、NHKやリベラル系のテレビ朝日では在日朝鮮人・中国人が犯罪を犯した場合、通名での報道がなされることが多い。だが、今回はTBSや朝日新聞系列を除く各メディアが足並みをそろえて、「芸名+本名併記」の形で伝えている。
「新井は在日3世なので朝鮮籍だったが、2005年に家族とともに韓国籍を取得。すでにラジオ等でも国籍をオープンにしている。また日本に帰化するのではなく、あえてその道を選んだのは「韓国人としての誇りを持ち、韓国で仕事をするため」と訪韓時の現地取材に答えている」(週刊誌記者)

今回の異例とも言える在日芸能人の本名報道は、そうした「ネットでルーツを詮索され揶揄されるよりは」との判断が働いたのかもしれない。
引用:デイリー

この報道にネット上では、「在日3世が韓国に住まないで誇りを持ってるとか変な話」「本名で活動すればいいのにね 」「そんなに愛国心を持ってるのなら 強制送還で」「そもそも犯罪において通名報道を許してるのがおかしい」「韓国人としての誇りを持ちすぎた男」「韓国人って本名報道されるの嫌なのか 。へんなやつら」「なんで日本の税金で更生させなきゃならんのだよ」などと物議を醸している。

画像引用:Google画像引用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。